フルスピード第三四半期決算発表

fs フルスピードの決算が発表されていたので早速レビューを。業績サマリですが、売上8690百万円(前期比4.9%増)営業利益339百万円(前期比21.4%減)。通期の業績予想、売上10.6%増の12500百万円、営業利益24.3%増の750百万円に対して考えると、なかなか厳しい決算内容だったように見えます。(数字は決算短信を元に算出していますが、間違いがあったらすみません。)

特に厳しそうなのが利益。3Qで約116百万の営業利益を、予想達成のためには411百万円まで引き上げなくてはいけません。グラフにするとこんな感じ。img 売上も、3Qが約2931百万円に対し、4Qで必要な売上は3810百万円。ただし、4Qは企業の決算が集中する3月を含む期となるため、広告代理店の売上は増加が見込まれます。実際にフルスピードの昨年の3Q→4QのQonQでは、売上約11%増、営業利益約15%増となっています。この増加をそのまま考慮した今期の着地は、売上約1200百万円、営業利益515百万円という計算。やはり利益は相当厳しいですね。

私の個人的な予想としては、売上利益ともに下振れすると思うのですが、特に下方修正のIRは出ていません。理由として私が思いつくのは3つ。

ひとつめ。実はマジで今のところ計画通りで、4Qに上記のグラフのような驚異的な数字を達成する見込みがある。次に、 社長が交代したタイミングでもあり、今下方修正を出すことは前社長の責任と取られる恐れがある。親会社の社長となる田中社長としては避けたいところでしょうか。もうひとつは、私の知識が正しければ、下方修正が義務付けられているのは売上10%以上、利益30%以上の誤差が予想される場合。フルスピードに当てはめると、売上11250百万円、営業利益525百万円で出さないことも可能。売上は確実にOK、利益も何とかそれ以上にすれば、修正することなく決算を迎えることができます。利益に関しては若干ルールが緩いようにも思えますが、来期の予算を良く描くことで、着地の下振れによる株主の不満をカバーするのかもしれませんね。

ただこの状態で、来期予想を中期経営計画通り達成するのは相当難しいでしょう。もともとM&Aが想定された予算だと思いますが、今のところ買収の発表は特にありません。今期、来期前半までにM&Aが実現できるかが大きな鍵のように思います。

2159フルスピード:26年4月期決算

fs13日(金)私の古巣でもあるフルスピードの決算発表がありました。役員を退任してもう5年以上経つので、そろそろ同社に対してコメントするのも解禁かと。

26年4月期の売上は113億(前期比5.4%増)、経常577百万円(前期比6.6%増)、純利359百万円。 それにしても、この規模の会社の決算説明資料としては、かなりボリュームがありますね・・・。 資料は良く出来ていますが、あまりに良い内容しか見当たらず、資料に欠点が無いのが欠点かもしれません。

中期経営計画を見ると、2016年の計画は売上140億、営利10億、グラフを見る限りM&Aでの上積みが結構あるので 今期~来季にかけて、売上10億規模のM&Aを計画していると見て取れます。

個人的な意見ですが、同社の懸念はキャッシュポジションの低さ。現在の純資産は7億強。 これで売上10億規模の買収をするには、普通に考えれば大規模な借入か、ファイナンスを実施しなくてはならない。 ただし、同社の株式の58%を保有する親会社であるフリービットにとって、持ち株比率を下げるファイナンスの実施は 足踏みするところかもしれない。

とはいえ、ここ数年デットに苦しめられた同社がまたM&Aに失敗するようなことがあれば、再び債務超過との 戦いをしなくてはならない。借入による買収なのか、思い切ったファイナンスに踏み切れるか、このあたりが気になるところですね。ちなみに私なら確実にファイナンスの道を探ります。

現在の時価総額は約180億。発表後のptsは株価を上げていましたが、2016年で営利10億という数字や、高すぎるPBRからして 割高水準であることは間違いないですね。直近上場予定のフリークアウトがまたバブル株価を付けると思われるので、 比較銘柄として材料視される可能性はありますが、個人的には買える水準ではないですね。

2193クックパッド:26年4月期決算

cookpad 日本最大のレシピサイト「cookpad」を運営するクックパッドの決算を見てみた。売上65億、経常31億、純利18億。QonQでも売上、利益ともに堅調に伸びており、pts取引でも株価は上昇。市況に変化がなければ月曜日は買い先行で始まりそうだ。

4Qに無理して利益を積み上げたとは考え辛いので、今期も増収増益は間違いないだろう(今期は12月への決算期変更につき8か月の変則決算)。ただ、実は四季報予想には若干届いていない。四季報予想は売上68億、経常36億、純利19億。まぁ四季報を過信している人も少ないとは思いますが・・・。

会社は今季及び1Qの予想は出していないが、四季報予想は売上83億、経常44億、純利23億。こちらは12ヵ月分の数字なので通期はではありませんが、12ヵ月で計算すると現状の時価総額780億に対し予想PERは約34倍。実績PBRは約10倍なので、正直買いをそこまで推奨できる株価では既にないのですが・・・。まぁ知名度プレミアムがあるのと、私は売上は四季報予想よりも伸びるだろうと思っています。とはいえ割高ネット株は最近遊ばれやすいので急落には注意ですね。

ちなみに決算説明資料では17年4月期までに経常100億と書いてあります。(いやいや、12月期に変更するんじゃ・・・という突込みは抜きにして)どこも三か年計画はいい加減な数字遊びの予想が多い中、私はクックパッドならやってしまうんじゃないかと思っています。アベノミクスが法人税を30%くらいにもしするなら、純利は70億!今の株価水準でも十分に割安と言えなくもない。長期的には期待できる会社だと私は思っています。