WELQ問題でようやくキュレーションサイトに転換期か

welq 最近キュレーション界隈が騒がしいですが、その発端となっているWELQ問題。以前に当ブログでもKDDIのnanapi買収時に同様の問題を指摘しておりました。(↗nanapi買収とコンテンツミル問題)これをきっかけにキュレーションサイト、コンテンツファームの運営も転換期を迎えるのでしょうか。

今回の問題でとばっちりを受けているGoogleですが、これまで対応を怠ってきた訳ではありません。5年ほど前にGoogleのアルゴリズムの影響を受け、米Demand Mediaのトラフィックが40%近く落ちたことで、コンテンツファームのリスクが明るみになりました。今でも検索ボックスにDemand Media Googleと打つと、「panda」「algorithm」といった候補が出てきますw。

Demand Mediaの時には、低品質なコンテンツが指摘されておりましたが、WELQと似ている本丸の問題は、Googleの評価しているリンクポピュラリティを悪用した手法にあると私は考えています。Googleは先に、ランキング要素の最も重要な2大要素を”リンク”と”コンテンツ”と明言しました。Demand MediaもWELQも、このリンクの穴を利用し、有力な中古ドメインから301リダイレクトを設定することで、過去の中古ドメインへのリンク評価を引き継ぐという手法を使っていることが明らかになっています。

他のキュレーションサイトも含め、多くのコンテンツはネット上の情報の継ぎはぎになっていることが多く、Web上には同じようなコンテンツが大量にインデックスされることになります。Googleはコンテンツの良し悪しの判断をしますが、基本的にはインデックスの内容を分析しているはずなので、内容の薄い情報は排除できても、間違った情報でも大量に同様のコンテンツがインデックスされていると、その情報を”Truth”としてしまうのかもしれません。そして、その同じ情報の中でランキングを決定するときには、文章量やリンクポピュラリティが優先される。結果としてWELQは上位を占めるようになったのでしょうか。似た現象で”OKWAVE”がオリジナルなのに、コピーの”教えて!goo”がいつも上位に出てくる現象を思い出しました・・・。

現在多くの会社がオウンドメディアに力を入れてはいますが、ライターは外注というケースも多く、内容よりも文章量やページ数にこだわっている例も少なくありません。今後より内容が重視され、作り手が意識することで検索結果の健全化が進むことを願ってます。