日本でlyftを成功させるなら今かもしれない

lyft アメリカを中心に競争が激化しているライドシェアサービス。日本には高級タクシーのUBERが今年3月に参入してきたが、格安タクシーのlyft、UberX、sideacar、Hitchといった最もホットなカテゴリが参入してこない。

ライドシェアサービスは日本では参入が難しいと度々言われてきた。自由競争が原則の経済界において、タクシー業界は規制に守られ、格安タクシーに値上げを強要するような始末だ。タクシーの市場規模の大きい日本でライドシェアが未だ浸透できないのは、規制に立ち向かえない経営判断によるものだろう。

日本でも少しずつ使われ始めている空き部屋シェアのAirbnb、空港に駐車している車を貸し出すFlightCarなど、シェアリング・エコノミー(共有経済)と呼ばれるマーケットは驚異的に拡大している。ギャザリング、サブスクリプションと、米発のビジネスモデルが日本で失敗を続ける中、シェアリング・エコノミーの中には日本でも成功する市場が確実にあると思う。

車が必需品の人達には、ライドシェアを利用し、”客”になって車を持たずに不自由なく車がつかえる選択肢、”運転手”になって車を持って副収入で維持費を補う選択肢、それぞれがあっても良いはずだ。ただ一方で、ガソリン価格が170円に迫ろうとしているのに、暫定税率の継続や、160円以上で同税を廃止するトリガー条項の廃止など、無策の政治家に、規制に守られ続けるタクシー業界。

特権階級以外で規制に勝つには世論しかない。ただ今なら世論を味方につけることができる。消費税が上がり、ガソリン価格が上がり、給料が上がらず、競争も許されない。今ライドシェアが参入すれば世論を味方につけて市場を変えられるかもしれない。と思った今日のブログでした。